スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガ解剖学WS開催のお知らせ!

みなさん、こんにちは、ヒロシです。
来年1月22日にヨガ解剖学の内田かつのり先生を岡山にお招きして下記の要項でワークショップを開催します。興味のある人は是非ご参加下さい!
(内田かつのり先生のブログはこちらです)

内田先生

■日時:2012年1月22日(日)
 �09:00-11:00
     東洋医学を身近に感じてみましょう! ~肩こり解消セラピー~
 �12:00-14:00
     前屈を極めてハヌマーンアーサナを目指していきましょう!
 �14:15-16:15
     後屈を極めてハヌマーンアーサナを目指していきましょう!
■会場:蓮昌寺剣道場
■参加費:1クラス5,000円、2クラス9,500円、3クラス14,000円
■申込みは件名を「ヨガ解剖学WS申し込み」で、�お名前(フリガナ)、�電話番号、
 �メールアドレス、�参加希望WSの番号、�お問い合せ内容を記入して
「yogakulaokayama@yahoo.co.jp」までお申し込み下さい。
※ヨガマットは無料レンタル(要予約)もありますが数に限りがありますので出来るだけご持参をお願いします。
ハヌマーン

内田かつのり先生からのメッセージ
クラスの中で、下記のような事を聞くときがあります。
 ●一生懸命にやっているのだけど、伸びた感じがしない
 ●あまり汗もかかず上達しない
 ●たまたま自分のアーサナを写真でみたら、イメージとはまるで違う形になっていた
 ●あるアーサナで痛みが生じる
何故、このような事が起こるかと言うと、おそらくは身体の使い方、力の入れ方や抜き方、筋肉や骨をスキャンする能力の違いなどではないかと思います。どんなに気持ちがこもった練習をしても、スタート時点で、身体の造りに反するような事をしていたら、目指すべきゴールへはたどり着きません。巨大迷路で、ゴールはそこにあるけれど、壁一枚隔てて自分が立っていたのなら、それは残念ながらゴールに近い訳ではなく、一度正しい位置へと戻らなくてはならないのです。遠ざかりはしますが、結果としてそれは最短の道になるのです。
今回は、前屈と後屈をテーマにしながら、正しい身体の使い方、中庸という陰陽のエッジを見つけ、積み木を重ねるかのようにハヌマーンアーサナに向かって進んでいきましょう。

�東洋医学を身近に感じてみましょう! ~肩こり解消セラピー~
ヨガのアーサナの中で、肩が柔らかい、硬いという表現をしますが、そもそも肩とは身体のどの場所を、指すものでしょうか?今回は、肩こりをテーマに肩甲骨を解剖学的に観察、触察(触れて確認)し、肩関節が身体に与える影響を感じていきましょう。何故、肩甲骨が肩こりに繋がるのか?をテーマにして肩甲骨に沢山存在している小腸経のツボを押す技術に触れてみましょう。そもそもツボというものは東洋医学の中で経験的に定められたものです。その位置を定めている原則はありますが、最後の最後の微妙な数ミリ、角度、力加減などには、正式な定義はありません。ある程度の知識にプラスして、みなさんのセンスがものを言う世界でもあります。おうちで活かせるツボ押しをキーワードに、東洋医学の醍醐味を味わってください。

�前屈を極めてハヌマーンアーサナを目指していきましょう!
正しい前屈とは、どのようなものなのでしょうか?床に手のひらが着けば全てが良いのでしょうか?まずは、股関節の構造を確認しつつ、本来の前屈の軌道をイメージしていきましょう。たかが前屈と侮ってはいけません。股関節は骨盤と腰椎へと連動し、いつの間にか、自分本来の能力にフェイクをかける関節です。おそらくどんなに柔らかいと自負されている方でも、まだまだ伸びしろが沢山あるかと思います。軌道のイメージを仲間と確認し、ストレッチした後は前屈全般のアーサナに落としこみをして、きたるべきハヌマーンアーサナへと備えましょう。

�後屈を極めてハヌマーンアーサナを目指していきましょう!
正しい後屈とはどのようなものでしょうか?ピジョンが得意であるとか、ウルドゥワダルヌールアーサナが得意であるならば、果たして柔軟な股関節、腰であると言ってよいのでしょうか?前屈同様、股関節、骨盤、腰椎の構造を確認し、本来の後屈の軌道をイメージしていきましょう。そこから、前後開脚という名のハヌマーンアーサナに向かっていくには、何に気をつけ、深めていったならよいのかをヨガ解剖学的に分析しながら、一部で行った前屈を活かしつつ、ご自分のハヌマーンアーサナを少しでも深めていきましょう。
プロフィール

Yoga Kula Okayama

Author:Yoga Kula Okayama
 
岡山でヨガを学ぶ者たちのためののコミュニティです。

ヨガに関するワークショップや勉強会・練習会を開催したり、情報交換などを行っていけたら良いなと思っています。

参加メンバー募集中!

お問い合わせは下記のメールフォームへ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。