内田かつのり先生ワークショップ開催!

1月に初めて岡山でヨガ解剖学ワークショップを行い好評だった内田かつのり先生を呼んで
7月3日(日)に二度目のヨガ解剖学のワークショップを蓮昌寺剣道場で開催します。
内田先生
今回は「東洋医学×ヨガ」と「身体で感じるヨガ解剖学」(2クラス)の全3クラスです。
身体で感じるヨガ解剖学の今回のテーマはバックベント(後屈)のアーサナです。
エーカパーダ・ラージャカポタ・アーサナⅠ(鳩の王様のポーズⅠ)です。
RajaKapo
身体の構造を一つ一つ確認し、より深く知る事で人間に与えられた足かせという制限を解き、
関節の動きを、よりスムーズなものにしていきましょう。
身体の構造を知る事は、何よりも身近にある“美しい神秘”でもあります。
ヨガ解剖学の知恵を基にアライメント作りあげ美しく力強いアーサナを目指していきましょう。
また、座学と実践を交互に繰り返す中で、腰に痛みがないか、首に痛みはないか、
肩甲骨や肩は自由に動いてくれていてるか?
などを確認するために、東洋医学のツボ押しを取り入れていきます。
ヨガ解剖学だけではなく、西洋医学・東洋医学での腰痛治療や肩こりの改善に対しても
触れながら、こちらも身体について学んでいきましょう。

各クラスの詳細は下記の通りです。

①【 ヨガ×東洋医学~自律神経の調整から安定へ 胸腰系と頭仙系~ 】(10:30~12:00)
僕らの身体には、自律神経という自分の意志では働かせる事が出来ない神経があります。
この自律神経が乱れてしまうと、身体に不調がでてきます。理由なく、頭が重い~とか、
なんとなくだるい。。とか。このWSは、自律神経の役割を学びながら、胸腰系と呼ばれる
交感神経と頭仙系と呼ばれる副交感神経のバランスを整え心の安定を目指していきます。
アーサナで身体を適度に動かした後、セルフマッサージやペアマッサージをしながら、
東洋医学の経絡というものを感じていきましょう。肩コリ、腰痛、頭痛などに有効なツボを
覚えていただいて、ご自宅でのケアにとりいれてみてください!

②【 後屈を恐れたり、安易に行ってはいませんか? 】(13:00~15:00)
“ぎっくり腰”という言葉はありますが、“ぎっくり腹”という言葉は存在しません。
日常生活のささいな動きの中で、くしゃみ一つでも、突然腰が動かなくなる事があります。
又、“ぎっくり腰”までとはいかなくても、残念ながらヨガのアーサナの中で、何らかの形で
腰を痛めてしまったり、痛みを抱えたまま練習をされている方も沢山いるかと思います。
後屈しすぎても、前屈しすぎても、いやな形で痛みが残るのは腰であって、
お腹がケガする事はありません。
このように、人は何故腰を痛めやすいのでしょうか?それには幾つもの理由があります。
背中には眼という感覚器が存在しないために人は無闇に後ろに倒れない様に創られています。
後屈という動きに対して、神様がある種の制限を与えているのです。股関節や腰周りには、
強い靭帯が、そして、身体の奥深くには、“腸腰筋”と言われる長く太い筋肉が、上下左右の
ど真ん中という位置から、身体に深い安定を与えてくれています。そのために、“腸腰筋”という
筋肉を無闇にストレッチしたり力任せに腰を反る行為は自然に反する物になってしまいます。
神様が与えた人への制限・腰のリミッターをヨガ解剖学の知恵を使いながら外していきます。

③【 胸を開く為に首を犠牲にしてはいませんか? 】(15:15~17:15)
“寝違え”いうものは、誰もが経験されているかもしれません。大きなケガではありませんが、
やってしまうと、しばらくの間不快な症状が続いたりするものです。人間の首の骨というものは
7つあります。その7つの骨で約5キロ前後の頭の重さを四六時中支えてくれています。
頭に近い分、より繊細に、丁寧に扱っていかなくてはならなのですが、ヨガでの後屈時に案外、
首のアライメントを雑にされてしまい金属疲労のように気づかないうちに椎間板を消耗したり、
違和感がある事自体が当たり前の様になっている方も沢山いるようです。胸を開く事に対して、
胸だけを意識してしまうと、皆さんが持っている身体本来のポテンシャルという財産を
使い切らないだけではなく場合によってはケガを呼び込む原因にもなりかねません。
胸と首は密接に連動しています。そして何もしなくても常に負担がかかっているのが首でから、
アーサナの中では、その負担分を少しでも軽減させて、詰まった首を解放させて楽にさせて
あげましょう。今回は更にそこから、肩と肩甲骨に対して、アプローチをかけていきましょう。
肩を自由に動かすためには、必ず肩甲骨という骨が、氷の上を滑るかのように、
肋骨の上を自由に滑らなくてはなりません。
日常、確認しずらい肩甲骨の動きをまずはじっくりと観察して、自分に足りないもの、
足りているもの判別し、そこから肩のアライメントを作り上げていきましょう。神様が与えた
人への制限・首や肩へのリミッターをヨガ解剖学の知恵を使いながら外していきます。

会場は前回と同じ岡山中央郵便局から西へ徒歩約5分の蓮昌寺剣道場です。
参加費は①が3500円、②と③が各4000円、②と③セットで7500円です。

申込みは件名を「内田先生WS申し込み]で①お名前(フリガナ)、②電話番号、③メールアドレス、
④参加希望WSの番号、⑤お問い合せ内容を記入して
「yogakulaokayama@yahoo.co.jp」までお申し込み下さい。

※ヨガマットは無料レンタル(要予約)もありますが数に限りがありますので
 出来るだけご持参をお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

問い合わせ

内田先生のワークショップはイントラのみの
参加募集ですか?一般向けの方々も参加可能でしょうか?

お問い合わせありがとうございます。

てしまさん

お問い合わせありがとうございます。

内田先生のワークショップはヨガや解剖学に興味があれば、どなたでも参加出来ます。

ご都合がよろしければ、ぜひご参加ください。

それではよろしくお願いします。

ありがとうございます!一度受けてみたいな方だったので都合付いたら行かせて頂きます!(7/9,10だと無理ですが…(笑))

7月3日です!

開催日が抜けていました!

7月3日です。よろしくお願いします。
プロフィール

Yoga Kula Okayama

Author:Yoga Kula Okayama
 
岡山でヨガを学ぶ者たちのためののコミュニティです。

ヨガに関するワークショップや勉強会・練習会を開催したり、情報交換などを行っていけたら良いなと思っています。

参加メンバー募集中!

お問い合わせは下記のメールフォームへ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR