スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田かつのり先生からの熱いメッセージ!

みなさん、こんにちは、ヒロシです。

11月17日(土)と18日(日)に開催するヨガ解剖学WSのテーマに関して内田かつのり先生から熱いメッセージをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

内田先生

(1)アーサナクリニック ~バランスポーズ編~
2012年11月17日(土)14:30~16:30 会場:Kula Yoga Shala

バランスポーズは、心の静寂が決め手になってくるのは勿論ですが、更にヨガ解剖学の力を使って、心と身体を結びつけて行きたいものです。心の中に静寂さがないと、身体の中にある中心軸は定まりませんが、心の中に激しく波風があったとしても、アーサナに集中する事で、そんな激しい心の波風を、穏やかにもしてくれるのが、バランスポーズの醍醐味ですよね。まずは、ブルクシャアーサナなどの基本アーサナにフォーカスをしながら、足元の土台・指の正しい使い方の確認、そして、土踏まずというものは、いったいどのようなものなのか?外反母趾気味の方は、どのような事を意識し、プラクティスしたらよいのか?その土台から、膝~股関節への連動を確認しながら、今の自分の足りないもの、または、誉めて上げたい身体のパーツを見つけていきましょう。中心軸の意識が、無意識下でも操られるように、太く・強いブレのない軸をつくり、ブレのない生き方を目指していきましょう。

(2)アーサナクリニック ~膝関節編~
2012年11月18日(日)10:00~12:00 会場:ヨガスタジオSHANTI

膝ほど過酷な運命にある関節はありません。関節の中で最も大きく、ある意味複雑な構造をしています。ヨガをしていて一番怪我をしやすい場所かもしれません。また、日常生活での怪我も多く、一度痛めると負担がかかり易い場所でもあるため、長引きやすくまた、構造や性質上、怪我が治りにくい関節でもあります。 そんな膝関節を私たちはどのくらい知っているでしょうか?身近だけど、意外と構造は理解していないのでは?このWSでは、まず、膝関節の構造や性質、怪我について学んでいきます。また、今の自分の膝関節の状態を観察し、知る事でケアする方法を学びます。仲間の膝関節も、観察していきましょう。そして、膝周りや下腿の筋肉のストレッチや筋トレを通じ膝関節を守る方法を知りましょう。二足歩行という足かせの中で、他の関節のように、あまり筋肉にも守られずに働いてくれる膝関節に、感謝を持ってその仕組みをシェアしていきます。最後は、1日の終わりにできる足回りをほぐすマッサージをシェアしていきましょう。

(3)アーサナクリニック ~肩関節編~
2012年11月18日(日)13:00~15:00 会場:ヨガスタジオSHANTI

ヨガのアーサナを行うく上で重要な肩関節。自分の肩を大切にしていますか?自分の肩の構造をどのくらい知っていますか?一般的に言う肩と解剖学での肩は、かなりの差があるかと思います。ダウンドックでの力任せのストレッチは、胸郭出口症候群という障害に繋がる事が多々あります。 このWSでは肩関節に着目し、まず肩関節の構造を学んでいきます。構造を知る事で、自分の大切なパーツである肩関節を愛おしく思う事が出来るでしょう。そして怪我をすると厄介な場所でもある肩について怪我をしない使い方について学んでいきます。背中にある肩甲骨は胴体から離れ、浮いている状態が望ましいのですが、殆どの人が、こびりついた様に、張り付いていたりします。正しい肩甲骨の動きやストレッチをしながら肩甲骨や鎖骨に本来の動きを見直す事で本来あるべき肩関節を知り日頃の疲れをリセットしまよう。また簡単なストレッチや筋トレを通じて柔軟性や肩関節を強化する方法も学びます。最後は、いつも酷使している肩をいたわるための簡単なマッサージをシェアしていきましょう。

(4)アーサナクリニック ~シールシャアーサナ編~
2012年11月18日(日)15:03~17:30 会場:ヨガスタジオSHANTI

シールシャアーサナ(頭立ち)を安定してキープしていきましょう!頭立ちとか、ヘッドスタンドと言われるアーサナですが、このアーサナは、いくつもの基本アーサナの複合から成り立っています。体幹の強さに、肩回り、首回りの強さも求められてきます。また、勢いをつけて床を蹴り上げるなどとすると、逆に首を痛めてしまいます。急がば回れという言葉がありますが、まさに、このアーサナには、タダーアサナ・プランク・チャトランガという基本アーサナの土台が必要になってくるのです。このような基本アーサナを、再度ヨガ解剖学の中で確認をしながら、今回は、逆腹式呼吸というものを使いながら、お腹にエアバックのような、支えをつけていきましょう。そうすることで、ウエスト回りや、骨盤回りへのセルフケアにもなります。合理的なアライメントは安全にかつ、美しいものでもあります。そして、最後は、首回りにセルフマッサージ・ペアマッサージを施しながら緊張を解いていきましょう。

■会場
(1)Kula Yoga Shala
岡山市北区中山下1-10-1新田ビル3階
アクセス http://sky.geocities.jp/kulayogashala/access.html

(2)~(4)ヨガスタジオSHANTI
倉敷市笹沖638-1 オークビル
アクセス http://shanti-yoga.chicappa.jp/access.html
   
■参加費
1クラス5000円、2クラス9500円、3クラス14000円、4クラス18500円

■お申し込み&お問い合わせ
yogakulaokayama@yahoo.co.jp」まで下記の項目を記載のしてお申し込み下さい。
件名「内田先生WS申し込み」、①お名前(フリガナ)、②電話番号、③メールアドレス、④参加希望クラス、⑤問い合せ内容

※ヨガマットは無料レンタル(要予約)もありますが、数に限りがありますので、できるだけご持参いただくようにお願いします。

以上、皆様のご参加を心よりお待ちしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yoga Kula Okayama

Author:Yoga Kula Okayama
 
岡山でヨガを学ぶ者たちのためののコミュニティです。

ヨガに関するワークショップや勉強会・練習会を開催したり、情報交換などを行っていけたら良いなと思っています。

参加メンバー募集中!

お問い合わせは下記のメールフォームへ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。